Pythonにライブラリをインストールする方法

Home - python - Pythonにライブラリをインストールする方法

投稿:2022年3月3日

更新:2022年3月3日

こんにちわ!はじめまして、Web系フリーランスの泉原です。今回はPythonのライブラリのインストール方法について解説したいと思います。よろしくお願いします。

ライブラリとは、誰かが作成したプログラミングの開発を便利にするツールのようなものです。

インターネット上にある図書館から本(ライブラリ)を借りるようなイメージです。

Pythonには便利なライブラリがたくさんあるので、インストールして使えるようになれるところまで解説したいと思います!

ライブラリをインストールする場合はローカル上に仮想環境を構築するのが一般的です。仮想環境の構築方法は以下のリンクに書いています。

venvを使って仮想環境を構築する

今回はDesktoptest仮想環境を構築して、そこにライブラリをインストールしていきたいと思います。

ターミナルを開く、itermでも大丈夫です。

Desktopに移動します


    cd destop
  

仮想環境を構築します。python3 -m venv 仮想環境名とすることで仮想環境を作成出来ます。今回は仮想環境名testとします。


    python3 -m venv test
  

lsコマンドで作成されていることを確認する

仮想環境を有効化する。source 仮想環境名/bin/activateとすることで仮想環境を有効化出来ます。

左側に(test)が追加されて、仮想環境を有効化出来ました

※ちなみに、無効化したい場合はdeactivateコマンドを入力します。


    deactivate
  

(test)が消えて、仮想環境が無効化されたことを確認出来ます。

pythonpipのversionを確認する


    python3 --version
  

    pip3 --version
  

バージョンが表示されることを確認

pipとはPythonのライブラリを管理するツールになります。Homebrewを使ってpythonをインストールすると、自動でインストールされます。

以上で準備が整いました。次はライブラリをインストールしていきたいと思います。

仮想環境にライブラリをインストールする

pip install ライブラリ名と入力することでpipを使ってライブラリをインストールできます。

データ解析などで有名なpandasをインストールしてみます。


    pip install pandas
  

インストールされていることを確認する。pip list ライブラリ名コマンドで確認出来ます。

ついでにどこにインストールされているかどうかも確認してみましょう。pip show ライブラリ名で確認出来ます。

locationに当たる場所がインストール場所です

以上で仮想環境にライブラリをインストール出来ます。それほど複雑ではないのではないでしょうか?

仮想環境にライブラリをインストールしているので、端末にインストールしてあるグローバルなライブラリには影響がありません。

独立した仮想環境にインストールしているからですね。

以上で解説を終了したいと思います。エラーなどで、前に進めない人はお気軽にTwitterなどで、DM頂けると返信します!

ありがとうございました!

Writer info

プロフィール写真

泉原 遥輝 | Haruki Izumihara

フリーランスのエンジニアです。Web制作や、LP、Pythonを使った自動化ツールなどをメインにお仕事をしています。お気軽にお問い合わせください!