Pythonで仮想環境を構築しよう

Home - environment - Pythonで仮想環境を構築しよう

投稿:2022年2月28日

更新:2022年2月28日

こんにちわ!Web系フリーランスの泉原 遥輝です。今回はPythonの仮想環境を構築する方法を解説していきたいと思います。

Pythonを使って、何かツールを作成したり開発をしたい人向けに本記事を作成しています。初心者の方でも分かりやすく進められるように解説しているので、チェックしてみてください!

Pythonを使った開発をするときは、仮想環境を使って開発するのが一般的で、おすすめです。プロジェクト(フォルダー)ごとにライブラリのバージョンを管理することが出来るからです。

ネットで検索すると、最新のPythonの仮想環境の推奨の情報があまりなかったので、本記事で解説したいと思います!

目次は以下の通りです

記事で解説する前提は以下の通りです。

  • Mac(M1チップ)
  • Python3をインストールしている
  • homebrewをインストールしている

homebrewやPythonをまだインストールしていない方は以下の記事で解説しているので、参照して環境構築してください!

仮想環境を構築する

仮想環境を構築していきたいと思います。難しくないので、少しずつ慣れるようにしていきましょう!

なぜ仮想環境を使うのか?

Python3では標準で仮想環境が搭載されています。それは一言で便利だからです。ライブラリ(誰かが作成した便利なツール)の管理が楽だったり、フォルダーに応じて独立した環境を構築できるといった理由からです。

仮想環境はフォルダー毎に応じて、バージョンがバラバラなライブラリを入れることが出来る空間のようなものですね。

仮想環境には種類があります。先述したように標準で使えるvenvvirtualenvcondaが有名です。どれも使い方は似てますが、現在、Pythonが推奨しているのはvenvなので、こちらで構築していきたいと思います。

どうやって使うのか?

大きく2つのステップが必要になります。それは以下の通りです。

  1. 仮想環境を作成する
  2. 仮想環境を有効化する

先述していますが、Python3をインストールしていないとvenvを使用することが出来ないので注意してくださいね!

1.仮想環境を作成する

python3がインストールされていることを確認

python3 —version

インストールされているとバージョンが表示されます

Python 3.9.10

python3がインストールされている場所を確認

which python3

インストール場所が表示されます

/opt/homebrew/bin/python3

今回はデスクトップに仮想環境を作成していきたいと思います。

ターミナルを開いて、デスクトップ移動する

cd desktop

フォルダーを作成(testというフォルダーを作成しました)mkdirはフォルダーを作成するコマンドになります。

mkdir test

フォルダーが作成されているか確認

ls

作成されているのが確認出来ます

作成したtestフォルダーに移動する

cd test

testフォルダーの中に仮想環境を構築していきます。python3 -m venv 環境名を入力します。環境名はtestとしています

python3 -m venv test

lsコマンドで仮想環境が作成されているか確認する

ls

作成されているのが確認出来ました。

2.仮想環境を有効化する

仮想環境は有効化しないと使用することが出来ません。有効化、無効化出来ることを覚えておいてくださいね!

test仮想環境を有効化する

source test/bin/activate

有効化されたら、左側に(test)の表示が追加されます

仮想環境を有効化されるとpythonをインストールしているpathが変わります。pythonがインストールされているpathを確認

which python3

test仮想環境のbinの中にpython3がインストールされているのが確認出来ます。

※仮想環境を無効化する場合

deactivateコマンドを入力することで無効化出来ます。

deactivate

(test)が消えて、仮想環境を無効化したのを確認出来ます。

以上がpythonの仮想環境を構築する流れになります。それほど複雑でないですよね?Pythonを使った開発をする時は仮想環境を使うようにしてくださいね!

以上でPythonの仮想環境の作り方の解説を終了したいと思います!次の記事では仮想環境にライブラリをインストールして、使用するところまで見ていきたいと思います!

ありがとうございました!

Writer info

プロフィール写真

泉原 遥輝 | Haruki Izumihara

フリーランスのエンジニアです。Web制作や、LP、Pythonを使った自動化ツールなどをメインにお仕事をしています。お気軽にお問い合わせください!